日産ノート 値引き

日産ノートの値引きのための2つのポイント

日産ノート

今、コンパクトカーで大人気の日産ノート。
そのノートを最安で購入する為に最低限やっておきたい値引きテクニックの実体験レポートです。
途中、実際の見積り画像も載せてますよ^^。

 

先に、2つのポイントを言っちゃいます。
@日産ノートのオンライン新車見積りの活用。
A一括査定の活用(次世代型一括査定含む)。
詳しくは下記に書いていきますね。

 

 

日産ノートはネットで前もって見積りを取る!

今はネットからでも本当に簡単に車の見積りが取れる時代になりましたよね。ホント便利な世の中です。
もちろん見積りはタダです。

 

ネットで見積りする会社も、見積もりで集客しようというスタンスなので、見積もりも予想以上に値引額が多かったりするんです。

 

そして、オンライン見積りが出たら、見積りを出してくれたディーラーに行ったら、もちろんそれだけの値引きをしてくれますし、先に他系列の日産ディーラーのお店へ行ってもっと値引きできるか聞くのも有りですよね!
もちろんもらった見積もりも忘ずに。
ディーラーでは値引額の交渉もそこからスタートできますよね。

 

それに、ちゃんと事前にオンライン見積もりの準備をしてくるしっかり者のお客を他店に行かせないためにも、お店側も何とかもっと値引きできるよう頑張ってくれます。
営業ですからね。

 

これなら、わざわざディーラーをハシゴして値引き交渉を1からして、ってする必要ないですよね。
こちらの方が余計なストレスもなくて、楽ですしお得です。

 

関西人の方はどちらかというと、値引き交渉の方が好きな人は多いかもしれません。
そんな私も関西出身なので、値引き交渉派でした^^;
以前は車を買うのにディーラーを5、6件ハシゴしてましたから。。。

 

しかし、同じ値引き交渉をするんだったら、こういったオンライン見積もりの方が断然楽ですし、スマートです。
値引き交渉も、今までよりワンランク上に差を付けましょう。

 

オンライン見積もりなら、ディーラーをハシゴしなくても、スピーディで楽です。
ガチガチの値引き交渉したくない人なら尚のことおススメです!

 

◎ちなみに私がもらった見積書です。
今回は、『駆け引きや交渉などあまりしたくないので最大限の値引き額の提示をお願いします。』と備考に記入した上で、メールで送ってもらいました。
日産ノートの見積書

 

で、これがPDFで添付されていた見積書です。
日産ノートの見積書

 

2,335,519円から2,050,000円なので、ざっと28万5千円の値引き額でした。

 

まぁ、少なくともこれだけの値引きができるということが分かります。
また地域や時期・タイミングで値引き額は変わりますので、この見積りシステムを使ってチェックしておきましょう!
もちろん値引き交渉する場合もここからスタートできますよね^^。

 

 

ノートの無料見積もりを取る

 

 

 

一括査定で値引き交渉より簡単に下取り車を高額査定にできます!(+次世代型

日産ノートの値引きアドバイザー

私の経験上、この手は使わないと損です!

 

『ノートの値引き額が上がる』も『車の下取り金額が上がる』も
結局『ノートの購入費が削減できる』ということ。

 

つまり、下取り金額が増えるという事は、値引額が多くなるのと同じことです。
言わんでも分かるがな!でしたね…^^;

 

たとえば、日産ノートの10万円値引きより、車の下取り額を10万円上げる方がよっぽど簡単です。

 

 

実体験を言いますと、
私は以前、軽い事故歴があるHONDAのフリードに乗っていたんですが、
買い替えする時にあの有名な買い取り業者のガリバーさんで査定してもらったら、その時提示された買取額は25万円でした。
ディーラーの下取り額よりもちょっと高く見積もってくれたので、まあ、こんな所かなと思ってたんです。

 

ところが、ふとネットで一度フリードの一括査定をしてみたくなって、そこでオンライン登録してみたんです。

 

その結果、 最終的に付いた買取価格は、なんと525,000円!!
ガリバーさんの査定額の倍以上の査定額ですよ!

 

一括査定の業者の中には実はガリバーさんの名前もあったんです。
ガリバーさんも以前出してもらった25万円より結構いい値段付けてくれたんですが、さらにもっと上がいたって事ですね。

 

見積もりを出して貰ったら、今度,ノートの購入で日産のお店へ行った時に、それ以上の金額か同じような金額で引き取ってくれるならそれが一番ですし、ダメなら見積もりして貰った業者さんに引き取ってもらいましょう。

 

ちなみに私のフリードの場合、ディーラーではこの価格での下取りは厳しいと言われました。
それだけ一括査定の見積もりは強力な高値だということですね!

 

結局、買取業者さんに引き取ってもらい、当初のディーラー下取り価格より27万円程高い買取りに成功しました!
それはノートの値引額が更に27万円増えたっていうのと同じ効果ですから、それって凄いことですよね!?

 

あの時ディーラーで提示された下取り価格で納得してしまっていたら、と考えたら、今でもぞっとします。

 

事故車であろうと、状態の悪い車であろうと、この一括査定システムを使わないのは絶対に損です。
いや、使わなきゃ勿体ない!!
だってこんなに効果があるのに無料なんですから^^。

 

査定登録にかかる時間も、たった2、3分でした。
それで、何十万と値段が変わってくるんですから驚きです。
加えて日産の営業マンとの煩わしい下取値引交渉をしなくて済みます。
やはり何事もスマートが一番

 

一括査定の申し込み先は複数あるので、私はめぼしいところに登録していきました。

 

ちなみに私のフリードにあんな高値を付けてくれた業者は、聞いたこともないような小さな業者でした。
ガリバーさんなどの大手がよくやる業者オークションに流すのではなく、自社販売ルートで販売するとのことでした。
それであんなに高値を付けられたようです。実際、2位との差は10万円ぐらいありましたから。

 

いくつか登録した中で、ここで一番高値を付けた業者が見つかりました。
愛車を少しでも高く売りたい方は、登録しておいて損はないです。
もちろん無料です。

 

愛車の一括査定をする

 

 

 

併用して使いたい次世代型一括査定(2016/8/1追記)

ここ最近できた一括査定システムなんですが、これ本当に活用した方がいいと思います。
まず、大きな違いは、実際に車を見に来るのは、1社だけ。
その1社は、車の査定のみで、買取価格提示のためではありません。
その査定情報を元に全国500社以上の買取業者が入札する形です。
圧倒的に査定に参加する業者が多いです(一括査定の一番の魅力)。

 

ちなみに従来型の場合、実際に査定をする業者は、だいたい4〜6社。
実際に自分が住んでいる地域を営業(活動)エリアにしている業者のみ。
(現車を見に行ける業者のみ)

 

また次世代型は、ネットで簡単に自分の車への入札状況を確認することができるので、売るかどうか分かんないけどちょっと愛車の査定額を知りたいなんて人にもいいかもしれません(買取業者と対面するわけではないので)。

 

強いてデメリットがあるとすれば、業者と対面するわけではないので、『値段次第で今日売ります!』と、強い売る意志を伝えれないことですかね。
とは言っても、査定業者が圧倒的に多いのは最大の魅力です。

 

なんにせよ、無料ですし、査定額に納得いかなければ売る必要もありませんので、査定の高額化の可能性がグンとあがる次世代型も並行してやっておきたいところ。

 

 

次世代型無料一括査定をする

 

 

 

 

 

カーディーラーの下取りマジックには要注意!!

カーディーラーは、安く車を仕入れて高く売るのが仕事です。
10万円で下取りされたものが実際はその何倍もの高値で売られているなんて事もざら。
日産に限らず、他のカーディーラーもそうですが、中古車1台での販売利益が新車1台の販売利益を上回るケースは日常茶飯事です。

 

たとえば、あなたの愛車の査定価格が本当は50万円のところ、カーディーラーは20万円で提示した場合、
カーディーラーは浮いた30万円を懐に残して、そのうちの20万円をノートの値引きと言って、お客にお得感をアピールします。

 

これは日産でも、どこのカーディーラーでも良く使われる手法です。営業ですからね…。
ところが現状は多くの方がこのマジックに引っかかり、損をしている状況です!
この下取りマジックで、営業マンがお客にノートの「値引き」と錯覚させるのは、ごく当たり前のこと。
でも、よくよく考えてみるとノート本体の「値引き」ではないんです。

 

営業マンだって決してお客を騙している訳ではないんです。
お客が愛車の相場価格を知らなかっただけ

 

ただそれだけの事なんですよね・・・

 

日産ノートの値引きを最大限に引き出す為にアドバイスしたいのは、 「愛車の価値を知っておく」という事。
カーディーラーの下取り金額は、低く設定されているのでなおさらです。

 

 

こうやって愛車の買取価格をアップさせよう!

従来の一括査定で現車を見てもらうことにした場合に限っての事ですが、買取価格アップのポイントは、現車を見て値段を付ける際の2つの方法です。
(オンライン見積もりだけなら関係ないかもしれませんが、最終的には使えると思います)

 

1つは、「オークション方式」といって、業者間で査定価格を上乗せしていく方法。
そしてもう1つは、「1発勝負」です。
オークション方式は業者同士が顔色を伺いながらの査定になるので、査定額も無難なところで決まってしまいかねません。

 

私はここで1発勝負を選びました。 この方法は、それぞれの業者が現車を見た後、名刺の裏に買取金額を書いて貰い、一斉に出すというもの。

 

一発といっても、実のところ、始めから一発勝負だったわけではなく、買取値がかなり上がってからの最後の一声を一発方式でやっただけなんです。

 

自然とそうなりました…^^;。

 

一発方式は結構高値が出ます。結局、中途半端にケチると他の業者に持って行かれてしまうからです。買取業者も自分の所で買い取りたいですからね。

 

そういったわけで、利益を出せるギリギリのラインまで高値を付けてくれます。
結局、最後の一発で、10万円程、査定価格が上がりました!

 

長い間頑張ってくれた愛車には最高の高値を付けてあげましょう。

 

この最後に一発という方法は本当におすすめです。
是非一度試してみて下さいね!
下記は、私の利用した中で、一番の高値になったところです。

 

愛車の一括査定をする

 

 

従来型と次世代型一括査定を併用した方が、もちろん高額査定になる可能性は上がりますよね。

 

次世代型無料一括査定をする

 

 

 

 

 

日産ノート 値引きの前知識

人気車種だけに、日産も値引きに対して強気です。
ノートの値引き交渉では、豊富に競合車がそろっていますので、他メーカーの人気コンパクトカーと競合させるのがよい。
ホンダフィット、ヴィッツ、デミオ、ポルテ、ラクティス、スイフトなどと「どれにするか迷っている」と伝えてノートの値引き交渉をします。
ある程度ノートから値引きを引き出せたら、最後は経営が違う日産ディーラー同士の競合が有効です。
また半期決算セールや年度末決算セールに交渉すると値引きに期待できそうです。
★値引き目標額: 20〜28万円

 

そんな大人気の日産ノートをより簡単に値引きさせる為に、実体験を元にしたやっておくべき2つのことを紹介しました。

日産ノートの特徴

日産は、もともとコンパクト市場に熱心で、四角いキューブや丸いマーチに、三角形のノートという個性と可愛らしさいっぱいの車種を展開してきました。
最新の車種では、各車共にグローバル化を踏まえて進化しています!
その中でも新型ノートは、日本に軸足を置き「低燃費とダウンサイジングによるゆとり空間」と「ティーダの統合によって上質化」という新しいコンセプトをプラスして登場。

 

■ダウンサイジングでゆとりの空間と低燃費を実現!
新型ノートは、ティーダより全長が短いにも関わらず、ダウンサイジングしたプラットフォームの採用によって、ティーダと同等の室内空間を実現しています。
中でも後部座席は足を組んでも余裕たっぷりで、広い空間を実現しています。
エンジンもCVTと組み合わせダウンサイジングが施され、FF車では、3気筒1.2Lエンジン(アイドルストップ付き)を搭載。
FFのNA仕様の燃費はJC08モードで22.6km/lを、またスーパーチャージャー仕様では同モードで25.2km/lと優れた燃費と1.5L級のパワーを両立している。

 

■上質なインテリアとアラウンドビューモニターが自慢!
新型ノートは、ティーダから受け継いだ上質なインテリアが売りです。
インパネでは新しい塗装方法を採用して落ち着いた質感を演出し、またメーターは高級感あるファインビジョンを全車に装備して、上質志向のユーザーも満足できるハイクオリティを実現。
また新型ノートでは、大型高級ミニバン用に開発されたアラウンドビューモニターが選べるようになり、サイズや車格に関係なく安全装備が選べるというのも特徴的です。

 

■日産ノート スペック 
・新車価格: 1,249,500円〜1,924,650円
・走行燃費: 22.6〜25.2km/L(JC08モード)
・エコカー減税: 免税
・人気グレード: X DIG-S“エマージェンシーブレーキ パッケージ
・競合モデル: ホンダ・フィット / ヴィッツ