日産ノート ハイブリッド

日産の新型ノートがハイブリッドとしてついに登場した!その性能は!?そして魅力は!?

日産ノートハイブリッド

 

2016年11月に登場する新型日産ノートにはハイブリットエンジンを搭載

日産自動車は、コンパクトカーの主力車種「ノート」にハイブリットエンジンを搭載し、既存車をマイナーチェンジした「ノートe-POWER」を2016年11月2日に発売。
日本車のコンパクトカーは、近年の「低燃費志向」と「普通車に安く乗りたい」と言うニーズが重なり、各自動車メーカーの売れ筋車種(商品)になっています。
日産ではノート以外にマーチやキューブもあります。一方他社では、トヨタのヴィッツ、ホンダのフィット、スズキのスイフト、三菱のミラージュ等あります。
他社では通常のガソリンエンジンでも軽自動車並みの燃費(概ね30km/L以上)が出せて当たり前。ハイブリットエンジンがフィットではすでに搭載されており、ヴィッツも2017年に登場する見込みです。
トヨタは、プリウス・アクア等のハイブリットカーを積極展開しており、今後は通常のガソリンエンジンを全廃させる方針です。
しかし、日産はトヨタと路線が異なり、リーフに代表されるように電気自動車の開発に積極的で、コンパクトカークラスでは今まで不思議な事にハイブリットがありませんでした。
この分野はトヨタ・ホンダと言う強力なライバルがいる中で、日産も遂に参戦してきました。

 

基本性能

日産が新開発した、「e-POWERエンジン」を搭載。走行中に発電を行い、バッテリーへの充電は必要最小限に抑えつつ、高出力モーターのみで走行可能な新しいタイプのコンパクトカーになっている事が特徴です。
しかし、新型日産ノートの全てのグレードにハイブリットを搭載するわけではありません。ハイブリットエンジンを搭載しない新型日産ノートも発売されます。逆に言えば、ハイブリットの有無を購入時に選択する事が出来ます。
ハイブリットを搭載する新型日産ノートは、「エマージェンシーブレーキ標準&FF駆動」モデルのみです。自動運転システムは搭載がなく、価格は198万円から(通常のガソリンエンジン車は139万円から)、カタログ上の燃費(JC08モード)は37,2km/Lとなっています。
燃費の面では、トヨタ・アクアの37,0km/Lを若干超えたので、コンパクトカー中ではもっと燃費が良いクルマになります。

 

新型日産ノートのハイブリットの仕組みは、「小型で軽量」が特徴で、FF(前輪駆動)としています。2つのクラッチを使ってエンジンを完全にCVTから切り離して、エンジンを停止した状態でモーターのみで走行が可能です。
つまり、クルマの駆動にガソリンは直接使用しないため、その分燃費が良くなるわけです。
なお、このモーターはセルフスターターも兼ねており、アイドリングストップの時点からエンジンを再起動させる際に、大きな音を発する事なくスムーズな発進を可能にしました。

 

外観は既存車と大きな変化が少ないが、内装や装備品は充実

外観(デザイン等)については、既存の日産ノートと大きく変わりません。車体後方やライトの形状が多少変わる程度です。
主に内装関係になりますが、基本的な装備品は・・・

 

●インテリジェントキー+イモビライザー
●フロントパワーウインドー(リア手動式)
●エアコンレス
●後席中央ヘッドレストレス
●スピーカーレス
●リア固定式シート
●ガソリンタンク容量35L

 

これはどのグレードにも共通して搭載しています。グレードが高くなると・・・

 

●オートランプ
●UVカットガラス+リアプライバシーガラス
●ウインカー付ドアミラー
●リアワイパー
●ドアポケット
●15インチアルミ
●LEDヘッドランプ+フォグランプ
●ヒーター付ドアミラー
●本革巻ステアリング
●運転席+助手席アームレスト

 

・・・等も加わってきます。
広さと快適さも備わっているのが日産ノートの特徴。
極端に大きく外観・内装が変わるわけではありませんが、ハイブリットを搭載する事で「燃費」と言う最も身近なクルマに対する維持費である燃料代が節約できることから、使いやすくて、乗りやすくて、コストパフォーマンスも良い車になるのではないでしょうか。

 

日産ノート値引きには2つのコツがある