日産ノート 価格

日産ノートに関する市場価格について

日産ノートと言えば、日産が誇る低燃費エコカーとして有名であるが、そのグレードの多さも有名である。
標準装備のノート、アラウンドビューモニターやECOモードスイッチなど標準装備が多いメダリスト、外装標準がスポーティなエアロスタイル、専用装備スタイルのライダー、木目調の内装などシックになっているアクシスがあり、価格もグレード毎に変わっていく。
高価なグレードからいくとライダーの約197万、アクシスの約194万、メダリストの約185万、エアロスタイルの約181万、ノートの約149万というのが新車の価格帯のようだが、あくまでも全グレードにエマージェンシーなどの先進安全装備を搭載したものを記載したので、オプション料金によって前後はしてくる。

 

新車ではなく中古市場になると、価格帯の最低値段でも20万はするそうだが、中古市場において最低値段の20万というのは、リーズナブルに感じる。
インターネットの中古車検索、中古車情報誌で見る限りでは本当に安い中古車は、現在ディーラーでも生産されておらず、年式も古いものばかりなので、本当に数万円で購入できるものがある。
一方ノート自体が発売されたのが2005年と比較的新しく、低燃費、HR15EDエンジンというオールアルミの軽量化エンジン、2シーターにマルチトランクも装備されている。
最安で中古車を購入するならこれ以上の機種はない。

 

では、新車はどうだろうか。
先ほどの記述を参考にしても、本体価格で200万もいかない。
これには減税、免税が組み込まれた価格をしているためで、そもそも初代の頃から低燃費というコンセプトを変更することなく約10年間販売しているが、おそらくエコカーの時代が来るという考えが日産にあったのではないだろうか。
販売台数でもばらつきはあるようだが、毎月約5,000台〜約20,000台は契約されているようで、販売台数はグレードが変わったり、日産ノート自体の新しいオプションシステムが登場する度に伸びていくのではないだろうか。
時代が低燃費エコカーで安全性も見直されている昨今、日産ノートの価格帯は家庭に与えるダメージも少なく、所有しやすい車だと言える。

 

日産ノート値引きには2つのコツがある